「LINE BLOG(ラインブログ)」始めました!

シェアする

先日、一般開放されたので始めてみました。

始めたい方はこちらから↓

投稿はスマホオンリーです。

これは、SEOからの流入をしづらくする効果(Googleなどの検索サイトに依存しない)があると言えます。

SEO対策は文字数も重要なんですが、LINEBLOGでは気軽に記事を書いてくれる一般人を増やす狙いがあるように思います。

あえて制限を設けることでLINEBLOGオンリーのコミュニティを作ろうとしていると言えます。

また、匿名でもできますし、実名でもできます。

LINEアカウント1つに付き1つしかブログを開設できないのも良い点です。

これは、ゴミ屑のようなブログが乱立することを防ぐ効果があるのではないでしょうか。

また、PCでガッツリ書きたい人はlivedoorblog(LINEのグループ会社)やその他のブログサービスにいってくれ!っていうメッセージも、スマホオンリーには込められている気もします(笑)

ブログサービスを使うメリット

LINE BLOGは、2014年11月4日に著名人向けブログサービスとしてスタートしました。

これは、「まず著名人に使ってもらうことで、一般読者を増やすことに専念」するためです。

アメブロのサイバーエージェントがやった手法と同じですね。

ブログサービスというのは、読者がいて初めて盛り上がります。

そのようなコミュニティ(ネットワーク)を作ることがまず大事。

私は、

  • livedoorblogで8年
  • JUGEMで2年
  • 現在のWordPressで1年

という流れでブログを書いてきましたが、その中で実感したことは、

どこのブログサービスを使おうがほとんど何も変わらない

ということです。

ブログサービス(livedoorblogやJUGEM、アメブロやはてなブログなど)を使うメリットは、同じサービスを使っている人たちのコミュニティが存在し、そこで相互に閲覧し合うような仕組みがあるぐらいです。

例でいうと、livedoorブログの公式サイトに自分の記事が掲載されるケースなどがあります。

「そういうところからアクセスが来ることもある」という効果があります。

でも、そんなのはごく一部であり、無視しても良いぐらいのレベルだと私の場合は感じました。

一般サイトでブログを書く場合

一般サイト・・例えばこの村上大のwebsiteは、個人でレンタルサーバーを借りて独自ドメインを取得し、WordPressでやっています。

オススメのレンタルサーバー&ドメインはエックスサーバー

ブログサービスのコミュニティなどは存在しないので、自分で記事を更新し、SEOなどを考えながら自力で検索順位を上げ、閲覧数を増やしていくしかありません。

ここがブログサービスとの大きな違いです。

でも別にハンデだと感じることはありません。

なぜか?

ひと昔前との大きな違い

今はSNSがあるからです。

TwitterにFacebookにInstagramなどなど、拡散する方法はいくらでもあります。

他にはYouTubeもありますし、LINE@もあります。

インターネットがなかった時代は宣伝&集客が難しかったしお金がかかりましたが、今はほぼ無料でもできるサービスばかり。

自分 対 大勢

に発信することはとても簡単になりました。

ただ、それぞれのSNSが持つ特性によって使い分けることが大事です。

また、SNSの普及に伴い、わざわざ自分が読むブログをブックマークしてそこからブログを読むことって減ってませんか?

そういう読み方よりも、ブログを書いている人をSNSでフォローをし、ブログが更新された情報が自分のSNSに流れてきて、そこに載ってる URLをクリックすることの方が多いんじゃないでしょうか?

そういう読者にとっては、書き手がどこのブログサービスを始めようが全く関係がないんですよね。

早いブロガーは更新通知が届く自前のアプリを使っていたりもしますね。

大事なのは書き手?読み手?

正解は、

「どちらも大事」

です(笑)

面白い記事を書く人がいるブログサービスには、もちろん読者が集まってきます。

読者がブログを始める際、自分が読んでいるブロガーと同じサービスを使うケースは多いようです(昔は)。

そして、読者が多いと、良い書き手も集まってきます。

書き手からすれば、

「どこのブログサービスを使うかよりも、書いたものが一番多くの人に読まれることの方が重要」

ですからね。

相互に増えていく軌道に乗せることが大事です。

LINE BLOGが上手いなと思ったのは、

一般人が気軽に書きやすいブログサービスに徹底的にした

という点です。

  • フォローフォロアーの仕組み
  • 検索する仕組み
  • タグの仕組み
  • Twitterのように、(強制的に)スマホから手軽に投稿できる仕組み
  • 文字数制限(約2000文字)を設け、逆に長文ブログを排除
  • SEO対策も排除し、LINEの中だけのコミュニティを作った

TwitterやInstagramなどを参考にしつつ、旧来のブログサービスのコミュニティ構築法方法も意識しつつ、一般の書き手同士がつながるようなコミニュティ構築の仕組みに力を入れてるのが分かります。

著名人は「お金」でなんとかなりますが、良い書き手は結局取り合いになってしまいます。

取り合いになった時に、書き手が気にするのは一般人がどれだけ使用しているか(読者の量)です。

一般人同士のコミュニティができあがる

一般人が他のブログサービスにいくことがない

読者数が減らない(もしくは読者が増えていく)

著名人などの移動はなくなり、むしろ良い書き手がお金をかけずとも勝手に集まってくる

このループに乗りますね。

うーむ、すごい。

今後に期待しときます。

自分はLINE BLOGをどのように使うか

このブログは実名でやっているので、LINE BLOGは匿名でやってみてます。

匿名だから書けることなんかもあったりもしますしね。

どこかのタイミングで実名に変える可能性もありますが、とりあえずは匿名で更新中。

ブログを書くというのは1つの表現方法。

自分の気持ちを文章にして表現する力を付けることにもつながります。

表現力を磨くことは良いことだと思いますので、ブログを書いていない方は手軽にできますのでやってみることをオススメします。

村上大をフォロー